診療メニュー

入れ歯(義歯)治療

ぴったりフィットした入れ歯(義歯)で食事を楽しむ

入れ歯(義歯)は決して見た目だけのためのものではありません。せっかく義歯を入れても、かみ合わせが合わず、食べ物がきちんと噛めないばかりではなく、肩こりや頭痛に悩まされることがあります。また、義歯がフィットせず、入れ歯がすぐ取れてしまったり、歯茎が痛いなどさまざまです。当院では、見た目はもちろん咬む機能(咬合)を重視し、あくまでも咬む機能を回復するための義歯を提供できるよう力を注いでおります。


義歯の種類について

  • 総入れ歯 (総義歯)

    大部分の歯が失われた場合に用いるタイプです。総入れ歯は吸盤のように口の中で密着します。「総入れ歯には違和感がある」というイメージをお持ちの方もいますが、現在の総入れ歯は大変精巧になっていて違和感なく噛むことでき、食事も問題なく楽しむことが出来ます。

  • 部分入れ歯 (部分義歯)

    失われた歯の周囲に支えとなる歯がない場合や、ブリッジ治療を避けたい場合に用います。上下ともに健全な状態の歯が一本でも残っていることが条件となります。取り外し式の部分入れ歯を歯肉の上に直接置き、周囲の歯にクラスプ(金属のバネ)で固定して噛めるようにします。

  • マグネットデンチャー

    残存している歯根やインプラントに強力な磁石を取り付け、磁力で固定する入れ歯です。従来のように金属のバネで引っ掛けて固定する入れ歯ではないため、見た目が自然です。金属を使わないため、アレルギーをお持ちの方でも安心です。

  • コンフォート

    コンフォートは、硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う、全く新しい入れ歯の技術です。「痛い・噛めない・外れやすい」といった、従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、患者さんの歯ぐきをやさしく守ります。

  • 金属床義歯

    入れ歯の厚みが保険適用のレンジ義歯より、とても薄いのが特徴で口腔内に密着します。食べ物の温度が伝わりやすく、美味しさを味わうことがレンジ義歯より、できるようになったと、言われることが多いです。


金属アレルギーの方も安心な部分入れ歯 「エステショット」
エステショット

通常の部分入れ歯は金属のバネで入れ歯を固定し、安定させます。一方エステショットは金属を使用せずに装着し、歯ぐきとの境目も目立たず、見た目がとても自然です。また弾力性のある素材を使用しているので、歯ぐきにしっかり吸着し、違和感がなく、破損しにくいのが特徴です。重さも従来の義歯の1/2程度になります。金属バネがないので、健康な歯への負担が少なく、金属アレルギーの心配もありません。

▲ページの先頭へ戻る

簡単診療予約 設備・医院案内
デンタルオフィス郡山 詳しいアクセスマップを見る 歯医者ガイド 当院が掲載されています。 歯科治療費に、安心の分割払い!スルガ銀行のデンタルローン