郡山の歯医者 デンタルオフィス郡山 うねめ通り 入れ歯 インプラント ゲノム診断

Q&A

一般歯科Q&A

悪い歯は抜いた方が良いですか?

必ず抜くわけではありません

歯科医は最大限に歯を残すことを考えて日々の診療をしていますが、患者さまのさまざまな全身状態など考慮した上で、どうしても歯を抜かなければいけない場合があります。
歯を抜く場合の例)
  • 歯周病が進行してしまってグラグラしていて今にも抜けそうで食事をするのも困難で入れ歯をつくるため本人が抜くのを希望される場合
  • 歯の根っこがわれてしまった場合
という最終的にこれ以上どうしようもない時に最終手段として行います。最初から虫歯だから抜く!という選択はしません。

深い虫歯の場合、深さによっては抜かずに残すこともできます。
抜かないといけないと言われる歯でも丁寧に「根管治療(歯の神経・歯の根の治療)」を行い、歯の土台をしっかり接着することで(接着土台治療)、歯を助けることができます。
歯の神経の治療は、丁寧にきちんと根の先まで治療し、病気の再発がないように治療することが大事です。きちんと治療された歯は何十年ともつ歯に生まれ変わることがあります。
歯が割れ、歯の根の先に膿がたまり通常の「根管治療」を行っても治らない場合「歯根端切除術(しこんたんせつじょじゅつ)」という方法もあります。治療内容は、歯茎にメスを入れめくり、骨を少し削ります。膿が溜まっている袋を除去し、感染した歯の根っこの先(根尖)を切り取ります。根尖から薬を入れフタをします。抜歯の直前の状態になっている歯を残す治療法です。歯を抜かずに歯の機能を取り戻せる可能性があります。

また、歯の根が悪くなった時、奥歯で複数の歯根がある場合に適応される手術もあります。
悪くなったのが歯根1本であれば、ヘミセクションと呼ばれる治療法で、悪いほう1本だけ切断し、歯の半分を抜歯します。このような「健康な歯を半分残す」という方法もあります。
神経を抜かないといけないような虫歯でも神経を保護する治療(覆髄(ふくずい):歯髄保護の方法)をすれば、神経を抜かずにすむことがあります。

どのような治療にしても歯を抜くのは最終的な選択になります。しっかりと歯科医師とご相談の上で、治療内容を選択してください。